ねたみ・そねみ・因根が渦巻く岡山の実態を暴く! 空は晴れても心はくもる県民の正体

発行日:2013年1月30日/定価:1,404円
ISBN:978-4-89637-412-4/判型:B5判サイズ/144ページ
編 者:昼間たかし
日本の特別地域 これでいいのか 岡山県
日本の特別地域 これでいいのか 岡山県
アマゾンの「日本の特別地域 これでいいのか 岡山県」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「日本の特別地域 これでいいのか 岡山県」詳細ページを見る! セブンネットショッピングの「日本の特別地域 これでいいのか 岡山県」詳細ページを見る! TSUTAYAの「日本の特別地域 これでいいのか 岡山県」詳細ページを見る! LAWSON HOT STATIONの「日本の特別地域 これでいいのか 岡山県」詳細ページを見る!

電子版発売中!お求めはこちら

※電子版の価格は紙と異なります。また、電子配信書店によって価格が異なる場合がございます。
BOOK☆WALKERの「日本の特別地域 これでいいのか 岡山県」詳細ページを見る! アマゾンKindleストアの「日本の特別地域 これでいいのか 岡山県」詳細ページを見る! honto電子書籍ストアの「日本の特別地域 これでいいのか 岡山県」詳細ページを見る! どこでも読書の「日本の特別地域 これでいいのか 岡山県」詳細ページを見る! NTTぷららの「日本の特別地域 これでいいのか 岡山県」詳細ページを見る! 紀伊國屋BookWebPlusの「日本の特別地域 これでいいのか 岡山県」詳細ページを見る! (電子版)セブンネットショッピングの「日本の特別地域 これでいいのか 岡山県」詳細ページを見る! 東芝ブックプレイスの「日本の特別地域 これでいいのか 岡山県」詳細ページを見る! ネオ・ウィングの「日本の特別地域 これでいいのか 岡山県」詳細ページを見る! BookLive!の「日本の特別地域 これでいいのか 岡山県」詳細ページを見る! 漫画全巻ドットコムの「日本の特別地域 これでいいのか 岡山県」詳細ページを見る! Reader Storeの「日本の特別地域 これでいいのか 岡山県」詳細ページを見る! YAHOO!JAPAN ブックストアの「日本の特別地域 これでいいのか 岡山県」詳細ページを見る!

岡山県基礎データ

日本の特別地域 特別編集 これでいいのか 岡山県 地図【地方】中国地方
【都道府県】岡山県
【総面積】7,113.23km2
【人口】1,931,586人
【人口密度】271.54人/km2
【隣接都道府県】兵庫県、鳥取県、広島県、香川県
【県の木】アカマツ
【県の花】ももの花
(※人口は平成24年3月31日現在)


ねたみ・そねみ・因根が渦巻く岡山の実態を暴く!

本書の編者、昼間たかし氏は岡山に生まれ育つも、大学入学を機に上京。
昔から都会に憧れていた、というごくごく平凡な好奇心から、東京に住み続ける事十数年が経過し、
今では本シリーズ書籍を都内を中心に執筆を重ね、
東京研究者としてもプロ裸足レベルに達していた。

そこであらためて己の出身地を振り返ったとき、
自身も含めた「岡山県人の独特の性格・発想」のようなものに気付くのである。

岡山は、その昔、大和朝廷に破れて、日本の覇権争いからは脱落したものの、
どういった分野でも日本の上位に位置する県だと思っていた。
そもそも、中国地方であるという意識は希薄で、あくまで自分たちは関西文化圏。
そして、山陰、四国地方はおろか中国地方の覇者・広島県に対しても
絶対的優位な地位にあるのだと。

ところが、東京で聞く岡山県の印象といえば「ああ、三十人殺しの……」とか、いわれる始末。

あと、歴史に詳しいヤツならば岡山の戦国大名をネタにして、
岡山県人の性格の悪さを解説してくるのだ。
実のところ、岡山の実像はまったく知られていないし、それを解説した書籍も少ない。
食べ物は豊富で、災害も少ない、新幹線はすべて停車する。
テレビも民放5局が全て放送されているし、文化レベルも昔から高い。

本書は、編者の昼間たかし氏が己の恥ずかしい穴も全開にする気持ちで、
岡山の暗黒面を根掘り葉掘りぶっ叩きつつ、真の底力を示すべくに編まれた。
和気清麻呂以来、乱世になると栄える岡山県のスゴさが、
よく分かる一冊になっているつもりだ。

「岡山県」の内容

空は晴れても心はくもる県民の正体
はじめに …1
岡山県MAP …2

ねたみ・そねみ・因根が渦巻く岡山県民の実態を暴く!
空は晴れても心はくもる県民の正体…4

歴史 太古はごりっぱな土地じゃった……6
気質 ヨソ者に厳しいムラ社会が現役……10
教育 エリートは多くても教育レベルは最低じゃ…14
産業 江戸時代から栄える製造業 ローカル企業も活発に活動……18
岡山VS倉敷 岡山県の2大都市は本当に対立している?……22
宗教・文化 昔からあるものが、他県とはちょっと違う!?……26
レジャー 県南限定だけど面白い遊び場はけっこう多い……30

岡山県の基礎データ…38

●第1章 昔はスゴかった? 岡山県の歴史を振り返る… 39

県内には古墳がドッサリ! 昔は本当にすごかった……40
神秘的な雰囲気は、古
いにしえの偉人たちのおかげ!?……42
交通拠点としての盤石な地位を確立した江戸時代……44
岡山県の大体のことは明治?大正に生み出された……46
県南の工業化で豊かになったが、今や県を挙げての危機的状況に……48

コラム1 霊験あらたかな岡山の奇祭・西大寺の裸祭り……50

●第2章 岡山県人を徹底解析 こんな生活を送っている!?… 51

旧国でだいたい区分できる岡山 でも……発展しているのはごく一部……52
わしらーがしゃべりょーんがひょーじゅんごじゃー なのに東京に出たら隠すのが岡山弁……54
奇人・変人でなければ価値がない おまけにドライな岡山県人……56
高校名で人を判断してきた「教育県岡山」に異変アリ……58
魚でもパンでもラーメンでも豊かすぎる食糧事情……60

コラム2 客足の絶えない池田動物園と、いまはなき遊地……62

●第3章 政令指定都市・岡山市の実力に迫ってみた… 63

他地域と比較するとよく分かる 政令指定都市なのにショボい……64
岡山VS倉敷の象徴的事件 県南百万都市計画の挫折……66
拡大路線で突っ走った岡山市 いまや失敗と挫折の塊に……68
年々沈没している商店街 果たして生き残れるのか?……70
路面電車に無数のバス会社が絡む交通戦国時代が続く……72
東大・京大にも勝る? 岡大は最強!………74
コラム3 日本で一番エロ本が少ない県?……76

●第4章 あの有名な“倉敷”と“水島コンビナート”の実態…77

観光は倉敷 で、岡山はどうなのよ!?……78
エースで4番・水島コンビナートの新展開は吉とでるか凶とでるか……80
ぐんぐん進む? 倉敷のベッドタウン化……82
宇高連絡航路までもが滅亡寸前 瀬戸大橋への恨み節……84
玉野市を救え! 漫画と競輪でまちおこし!?……86

コラム4 さぬきとの境界……88

●第5章 山ばっかり、はどうやら本当? 備中ってこんなトコロだ… 89

備中といわれても…… 住民たちの認識はかなり曖昧……90
日本のハイデルベルクを目指す「大学町」高梁市の挑戦……92
製鉄に依存しすぎなくてよかった! 農業で栄える隠れたレトロスポット……94
歴史遺産と工業団地が広がる総社はアイデア政策で勝負……96
福山の浸食に悩む笠岡のこれから……98
井笠バス破産であたふたする井原市民……100

コラム5 みんな知ってる? 笠岡ふれあい空港……102

●第6章 関西の侵食が進む津山・美作周辺エリア…103

岡山市民は見下す? 津山エリアとは……104
一時は県北の過疎化を止めた 夢のウラン鉱山の跡は!……106
県北の商都・津山で始まっていた 商店街滅亡のカウントダウン?……108
高速道路でアクセスが向上 車社会の恩恵にあずかる温泉地……110
中国自動車道の開通で今や岡山県は関西の一部?……112

コラム6 少林寺拳法+宮本武蔵でまちおこし……114

●第7章 ビミョーにパッとしない備前・瀬戸内・赤磐…115

備前焼で栄える岡山の東端 今度は赤穂市と一緒にやろうぜ……116
岡山の食を支える日生は海賊にルーツがあった?……118
なにもないことが街のウリ? 赤磐市はホントになにもない街だ……120
日本一のオリーブとヨットハーバー 瀬戸内市民のドヤ顔……122

コラム7 岡山ブルーラインは何故名前が変わったのか……124

●第8章 個性的過ぎる岡山県 ひとつになるのは難解か!?…125

関西圏化する今、求められるのは都市圏の意識改革……126
豊かな気候と食文化に育まれて、岡山はまだまだレベルが高い……128
「県南百万都市構想」を再考して超巨大都市圏の中心をめざせ!!……130

●街の気になるスポット……133
●参考文献……138

ねたみ・そねみ・因根が渦巻く岡山の実態を暴く! 空は晴れても心はくもる県民の正体

発行日:2013年1月30日/定価:1,404円
ISBN:978-4-89637-412-4/判型:B5判サイズ/144ページ
編 者:昼間たかし
日本の特別地域 これでいいのか 岡山県
日本の特別地域 これでいいのか 岡山県
アマゾンの「日本の特別地域 これでいいのか 岡山県」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「日本の特別地域 これでいいのか 岡山県」詳細ページを見る! TSUTAYAの「日本の特別地域 これでいいのか 岡山県」詳細ページを見る! LAWSON HOT STATIONの「日本の特別地域 これでいいのか 岡山県」詳細ページを見る!

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメント 1 件

上から読んでも下から読んでもミカミ より:

「これでいいのか岡山県」拝読させて戴きました。
子供時代に過ごした岡山県ですが 昔の面影をだぶらせながら懐かしく読ませて頂きました。
 取材も色々苦労が多いと思います。 p135の動物 先入観かトラウマがある人が多い様です。 この蛇なら手出ししなければ、素どうりしていきます。 気になる様でしたら動物園にでも問い合わせされると良いと思います。
 「これでいいのか」シリーズ読者

コメントをどうぞ