発行日:2018年9月26日/定価:994円(税込)
ISBN:978-489-637-615-9/330ページ
編 者:松立学

アマゾンの「地域批評シリーズ29 これでいいのか埼玉県」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「地域批評シリーズ29 これでいいのか埼玉県」詳細ページを見る! TSUTAYAの「地域批評シリーズ29 これでいいのか埼玉県」詳細ページを見る! LAWSON HOT STATIONの「地域批評シリーズ29 これでいいのか埼玉県」詳細ページを見る!



埼玉県データ

【地方】関東地方
【都道府県】埼玉県
【総面積】3,797.75km2
【人口】7,321,982人
【人口密度】1927.98人/km2
【隣接都道府県】茨城県、栃木県、群馬県、千葉県、東京都、山梨県、長野県
【県の木】ケヤキ
【県の花】サクラソウ
【県の鳥】シラコバト
※面積は国土地理院の平成29 年全国都道府県市区町村別面積調による。
人口は平成30 年7 月1 日現在の推計人口。人口密度は同データを面積で割った値




文化もセンスもない埼玉県民のB級ライフ

特色も魅力もなく、パッとしない埼玉県。その理由は日本一薄い郷土愛にある?文化もセンスも郷土愛もない埼玉民のB級ライフに迫る。

人口700万人を超える埼玉県。
これだけ人がいれば「特色も魅力も満点! 」のはずなのだが、何だかパッとしない。その理由の一端は郷土愛が薄い県民性にある。
自分たちに埼玉県人の意識がないのだから、色が出ないのも当然だ。ただそれは、「東京のベッドタウン」として発展してきた県の特性にも起因している。

そもそも、新住民の「埼玉都民」と、かねてから埼玉県に住む旧住民には、地元への愛着度に大きな差がある。
なのに県内には、地元意識の薄い埼玉都民が増える一方で、加えて外国人も激増中。
これでは郷土愛が高まるわけもなく、そもそも「これぞ埼玉! 」って胸を張れる文化がないところも痛い……。

本書はビミョーな埼玉ライフや住民格差の実態、各地で浮上しているさまざまな問題点を取り上げ、埼玉県がどうしてパッとしないのか? その真実に迫る。

発行日:2018年9月26日/定価:994円(税込)
ISBN:978-489-637-615-9/330ページ
編 者:松立学

アマゾンの「地域批評シリーズ29 これでいいのか埼玉県」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「地域批評シリーズ29 これでいいのか埼玉県」詳細ページを見る! TSUTAYAの「地域批評シリーズ29 これでいいのか埼玉県」詳細ページを見る! LAWSON HOT STATIONの「地域批評シリーズ29 これでいいのか埼玉県」詳細ページを見る!

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ