発行日:2016年4月14日/定価:853円(税込)
ISBN:978-4-89637-559-6/320ページ
編 者:昼間たかし 、 伊藤圭介

地域批評シリーズ8 これでいいのか東京都大田区
アマゾンの「地域批評シリーズ8 これでいいのか東京都大田区」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「地域批評シリーズ8 これでいいのか東京都大田区」詳細ページを見る! セブンネットショッピングの「地域批評シリーズ8 これでいいのか東京都大田区」詳細ページを見る! TSUTAYAの「地域批評シリーズ8 これでいいのか東京都大田区」詳細ページを見る! LAWSON HOT STATIONの「地域批評シリーズ8 これでいいのか東京都大田区」詳細ページを見る!
MICRO MAGAZINEの「地域批評シリーズ8 これでいいのか東京都大田区」詳細ページにて電子版販売サイトを見る!


東京都大田区データ

【地方】関東地方
【都道府県】東京都
【総面積】60.42km2
【人口】695,361人
【人口密度】11,509人/km2
【隣接自治体】東京都(品川区、目黒区、世田谷区)神奈川県(川崎市)
【区の木】クスノキ
【区の花】ウメ
【区の鳥】ウグイス

 



ゆったり楽しいビンボースタイル 日本一の格差社会

大田区は文庫版地域批評シリーズの第8弾目となります。
東京23区で最も広い大田区ですが、その実態は案外謎に包まれている。
大田区といえば、有名なのは町工場に羽田空港、
そして田園調布などの高級住宅街と何とも統一性がありません。
鉄道網は充実しているが、その使い勝手はイマイチだし、
高級住宅街が有名なのに、商店街は安くて旨いリーズナブルさが自慢なのです。
空港があるのに国際色は異様に薄い。
人口は多いのに、量販店や駅ビルは少ない。
大田区とは、世間一般の「常識」から考えると
明らかにおかしな発展の仕方をしている「ズレ」た街なのです。
しかし、同時にこの「ズレ」こそが大田区の魅力であり、住みやすさの根源でもあります。
本書は、そんな複雑な魅力を持つ大田区を豊富な取材とデータ分析で徹底的に調査。
その実態と問題点を解き明かすものです。

発行日:2016年4月14日/定価:853円(税込)
ISBN:978-4-89637-559-6/320ページ
編 者:昼間たかし 、 伊藤圭介

地域批評シリーズ8 これでいいのか東京都大田区
アマゾンの「地域批評シリーズ8 これでいいのか東京都大田区」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「地域批評シリーズ8 これでいいのか東京都大田区」詳細ページを見る! TSUTAYAの「地域批評シリーズ8 これでいいのか東京都大田区」詳細ページを見る! LAWSON HOT STATIONの「地域批評シリーズ8 これでいいのか東京都大田区」詳細ページを見る!
MICRO MAGAZINEの「地域批評シリーズ8 これでいいのか東京都大田区」詳細ページにて電子版販売サイトを見る!

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ