発行日:2016年7月11日/定価:853円(税込)
ISBN:978-489637-573-2/320ページ
編 者:昼間たかし

地域批評シリーズ12 これでいいのか東京都葛飾区
アマゾンの「地域批評シリーズ12 これでいいのか東京都葛飾区」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「地域批評シリーズ12 これでいいのか東京都葛飾区」詳細ページを見る! セブンネットショッピングの「地域批評シリーズ12 これでいいのか東京都葛飾区」詳細ページを見る! TSUTAYAの「地域批評シリーズ12 これでいいのか東京都葛飾区」詳細ページを見る! LAWSON HOT STATIONの「地域批評シリーズ12 これでいいのか東京都葛飾区」詳細ページを見る!
MICRO MAGAZINEの「地域批評シリーズ12 これでいいのか東京都葛飾区」詳細ページにて電子版販売サイトを見る!



東京都葛飾区データ

【地方】関東地方
【都道府県】東京都
【総面積】34.84km2
【人口】455,228人
【人口密度】12,795人/km2
【隣接自治体】足立区、江戸川区、墨田区、千葉県松戸市、埼玉県三郷市、八潮市
【市の木】シダレヤナギ
【市の花】ハナショウブ
※2016 年6 月現在推計 葛飾区ホームページより



いまだに平成になっていない23区の昭和保存地区

葛飾区とはどんな土地なのか。
昭和の「下町物語」の代表格ともいえる『男はつらいよ』や
『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の舞台としては有名だが、
交通の便も悪く特に大きな繁華街もない。
そもそも、伝統的な「下町」の定義からすれば葛飾区は下町ではなく「郊外の農村」である。
それなのに、なぜか葛飾区には「下町」のイメージが存在している。
葛飾区という名前は有名でも、その中身はほとんど知られていないのが実情だ。
どうにもとらえどころのない「ビミョー」な土地なのだ。
本書は、そんな葛飾区がどのようにして、この「ビミョー」な地域性を持つに至ったのか、
葛飾区民とは一体いかなる人々なのかを研究した一冊だ。
どうにも変化から取り残された観のある葛飾区。
その実態と問題点を解き明かしていこう。

発行日:2016年7月11日/定価:853円(税込)
ISBN:978-489637-573-2/320ページ
編 者:昼間たかし

地域批評シリーズ12 これでいいのか東京都葛飾区
アマゾンの「地域批評シリーズ12 これでいいのか東京都葛飾区」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「地域批評シリーズ12 これでいいのか東京都葛飾区」詳細ページを見る! TSUTAYAの「地域批評シリーズ12 これでいいのか東京都葛飾区」詳細ページを見る! LAWSON HOT STATIONの「地域批評シリーズ12 これでいいのか東京都葛飾区」詳細ページを見る!
MICRO MAGAZINEの「地域批評シリーズ12 これでいいのか東京都葛飾区」詳細ページにて電子版販売サイトを見る!

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ