発行日:2017年2月25日/定価:994円(税込)
ISBN:978-489-637-615-9/330ページ
編 者:松立学/ 鈴木和樹 /岡島慎二

アマゾンの「地域批評シリーズ16 これでいいのか静岡県浜松市」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「地域批評シリーズ16 これでいいのか静岡県浜松市」詳細ページを見る! セブンネットショッピングの「地域批評シリーズ16 これでいいのか静岡県浜松市」詳細ページを見る! TSUTAYAの「地域批評シリーズ16 これでいいのか静岡県浜松市」詳細ページを見る! LAWSON HOT STATIONの「地域批評シリーズ16 これでいいのか静岡県浜松市」詳細ページを見る!



静岡県浜松市データ

【地方】関東地方
【都道府県】静岡県
【総面積】1,558.06km2
【人口】807,893人
【人口密度】519人/km2
【隣接自治体】磐田市、湖西市、島田市、森町、川根本町
愛知県豊橋市、新城市、東栄町、豊根村
長野県飯田市、天龍村
【市の木】マツ
【市の花】ミカン
【市の鳥】ウグイス
※2017 年1 月現在



「出世」で推し進める浜松の野望

人口約80万人を擁する静岡県最大の都市・浜松市。
徳川家康が駿遠経営の拠点として、浜松城を築いたのは1570年。
その後、家康は江戸幕府を開き、5人もの城主が幕府の老中に上り詰めたことから、
浜松城は「出世城」の異名を取った。
時は流れ、太平洋戦争で焦土と化した浜松は、工業の街として大復活を遂げる。
ヤマハ、スズキ、ホンダ……遠州地方のみならず日本をリードする企業が、
相次いでこの地から誕生した。
こうした浜松の「出世ストーリー」の土台にあるのは、
何事にも果敢に挑戦しようという「やらまいか精神」。
ところが、2007年には政令指定都市になるなど順調に立身出世を遂げたのに、
それとは裏腹に、どうも今の街には活気が見られない。
自慢の「やらまいか精神」はどうしちゃったのか?
本書では取材やデータを元に遠州の雄・浜松の今と未来を探っていく!

発行日:2017年2月25日/定価:994円(税込)
ISBN:978-489-637-615-9/330ページ
編 者:松立学/ 鈴木和樹 /岡島慎二

アマゾンの「地域批評シリーズ16 これでいいのか静岡県浜松市」詳細ページを見る! 楽天ブックスの「地域批評シリーズ16 これでいいのか静岡県浜松市」詳細ページを見る! TSUTAYAの「地域批評シリーズ16 これでいいのか静岡県浜松市」詳細ページを見る! LAWSON HOT STATIONの「地域批評シリーズ16 これでいいのか静岡県浜松市」詳細ページを見る!

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ