危険・巷で噂のホットスポット

危険・巷で噂のホットスポット

さて、本日は、巷で騒がれている「ホットスポット」について調べてみました。 3.11以後、福島原発の事故の影響で、半径30キロメートルの範囲では避難や屋内退避といった措置が取られています。

危険・巷で噂のホットスポット

それ以外の地域でも福島県内の学校では

・放射線量の高い日は屋外での体育を控える
・校庭の土の除去
首相官邸HP

などの措置が取られています。

危険・巷で噂のホットスポット

「私のうちは福島から遠く離れているから大丈夫だ」と、
毎日TVのニュースを観ている人も多いでしょう。

しかし、放射線量の高低は【原発からの距離】だけでは
単純に図ることができないようです。

・現に千葉県の柏市・
・茨城県の守谷市・取手市
・埼玉県の三郷市
・東京都の葛飾区

上記の地域では、福島原発まで100キロ圏内に位置する
北茨城市の放射線量を超えています。
(地域によって差はありますが)

当然、こうしたエリアに市町村の境界線をつけることは難しいので
周辺の市町村も高い線量を示す可能性があります。

これらの
「原発事故から遠く離れているにもかかわらず、高い線量を誇るエリア」
を【】と呼ぶのです。

 

ホットスポットになる原因はまだ良くわかっていません。

気候や地形が大きく影響を及ぼしているという報告もありますが、
ハッキリとした関連付けは難しそうです。

ですので、過去の事象を見てみることにしました。

ホットスポットの例としてチェルノブイリを参考にすると、
原発から約200キロ北東の白ロシア(現・ベラルーシ)のゴメリ周辺が
ホットスポットとしてチェルノブイリ原発に匹敵するレベルの
放射線汚染地帯となっています。

また、約400キロ北東のロシアでも
ポルポフなどの地域でも高濃度の汚染がみつかり
ホットスポットとなっています。

ベラルーシでは子供の甲状腺ガンが3人に1人が発症したとの報告もあり、
線量によりますが、ホットスポットは危険です。

避けて行動する必要があります。

こちらのサイトから汚染地図をダウンロードできます)

欧州のホットスポットはNHKで特集されました。

今回の事故で福島周辺ではそれなりに注意が呼びかけられています。

しかし、ホットスポットとなっていることがほぼ確定している地域に関しては、
政府の対応もなく、大手マスコミはあまり注目していません。

それらの理由には、

“パニックを避ける”

というのもありますが、

“ホットスポットに対する賠償をしていると国がつぶれかねない”

といった実情があるようです。

実際に自主避難という名目で30キロ圏内の人たちに出した避難勧告は、
放射線障害を自己責任としたいフシを感じます。

賠償問題の記事(参考)

ホットスポットの危険性を訴える記事

【柏市ホットスポット(動画)】

ホットスポットかどうかは、実際に線量を図ってみるまでわかりません。

ですので、
「県内のどこが安全だからうちの周りも安全」
ということは考えないほうがよいです。

ホットスポットの住民は、

・自宅に帰ってきたら、なるべく早くシャワーを浴びる
・汚染物質を部屋に持ち込まない(汚染を広めない)
・長時間の外出を避ける

など、自己防衛を心がけた用が良いでしょう。

同時にホットスポットの食品を取り込まないように
気をつけなければいけません。

土壌に近いほど線量は高くなりますので、
野菜などは如実にセシウムなどの放射性物質を
空気中よりもはるかに多く含む結果となっています。

ホットスポットの柏市では、
子供を守る署名運動もおきています。

【柏ママの放射能だより。】
http://members3.jcom.home.ne.jp/2143800701/

ホットスポットも含めて、「」・「原発」といった単語を
単純にリフレインするため、国民の危機意識は
相当、鈍感になってきていると思います。

これは東電や政府に都合の良い展開です。

こういった状況化ではホットスポットの処遇は
相当な後手に回ると思われます。

場合によっては「年間20ミリシーベルト以下」と、
一蹴される可能性も高いです。

大きな行動を起こすのは難しいですが、
なるべく放射線を浴びない生活を心掛けることをお勧めします。

最後はすべて自己責任になるかもしれません…。

危険・巷で噂のホットスポット

────────────────────────────────────────────

●今週気になった地域情報●

(山梨)廃油燃料の地域バス増車 南ア市 2台で本格運行
使用済みの天ぷら油が燃料になるそうです。

(山形)田植え機の下敷きで男性死亡 東根、走行中に水田に転落
死因は窒息死、田植え機に問題が無かったかどうか問題になりそうですね。

────────────────────────────────────────────

キーワード: , , , , , , , , , , ,

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。