vol.62top

嗚呼…花の団地ぶらり  東京都立川市 幸町団地編

東京の団地は23区よりも郊外に多く見受けられます。 今回は東京の西端、立川市の幸町団地へやってきました。

東京都立川市は人口約18万人。

市内は鉄道網が充実しており、モノレールが通っていることから
「もっと人口が多いのでは?」と感じられるかもしれません。



そんな立川市の北部、「もう少し歩くと東大和市」
というところにあるのが、ここ幸町団地です



昭和40年代に第一次幸町団地として建てられたのですが、
平成に入ってからも第二次として新たに建てられました。

UR都市機構の募集要綱を確認してみると
間取りは1LDK~4LDKまであるようです。

賃料の振れ幅は大きく
5万円台から10万円を越えるものまで様々。


団地の周囲には、保育園および学童保育があり、
取材時には敷地の中心部にあるプレイグランドで
園児たちが体操をしていました。



こちらは団地前の通路です。



こちらは給水塔でしょうか。
塗り替えられたばかりなのかキレイな色具合です。



団地にはつきものの「路上駐車」。



芝生が多いのが特徴です。



周囲にはまだ、畑が結構残っています。



おっと、見逃せないですね。
ちょっと珍しい団地の「増築」です。
これにグッとくるマニアもいるとのこと。



こちらはエレベーターつきの高層練。



アクセス的には東大和市駅と玉川上水駅との
ちょうど中間ぐらいです。
どちらも歩いて1キロぐらいでしょうか。



幸町団地はそれほど大きな規模の団地ではありませんが、
周囲に自然環境が多く残っているせいか、
時間がゆったり流れているように感じました。

キーワード: , , , , , ,

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。