vol.32top

嗚呼…花の団地ぶらり  千葉船橋市 行田団地編

団地の欠点を上げるとするならば 一番はアクセスの悪さではなかろうか。 今回は身をもって体験してみたい。



船橋市は千葉県の中核市に指定されている。

同県では政令指定都市の千葉市を除くと
中核市は他に柏市がある。

この両市は友人のようであり、
敵同士にも思えるビミョーな関係だ。

ちょっと埼玉VS千葉の関係に
似ているかもしれない。

さて、その船橋市の
遊びどころは船橋駅、西船橋駅周辺に
ギュッと凝縮されている。

つまり、ここから近いことが
住宅事情がよいということかと
思うのだが、今回は船橋市の
行田団地から歩いて駅まで行ってみよう。



行田団地は1976年から運営されており、
賃貸と分譲のそれぞれタイプがある。



近くには行田公園があり、
シーズンになると桜が鮮やかなピンク色を
発色する。
この頃はまだ七分咲きかな。


この公園の周囲はぐるっと円形の
道路が囲んでいてちょっと特殊。

調べてみるとここには
「海軍無線電信所船橋送信所」なる
軍の通信施設があったそうだ。

今では記念碑が残るのみ。
残念ながら写真は無いのだが…



さて、ちょっとやな話だが、
ここで昔、飛び降り自殺があったそうだ。

 



団地の飛び降りは一時期本当に多かった。
東京の高島平団地などでは
高層ゆえ自殺の名高いスポットだ。

飛び降りの場合は分からないが
室内で自殺した場合
「特別募集住宅」と名づけられ
割引期間中は(最大2年)
賃料が半額になるサービスがある。
さて、歩き続けて15ほどだろうか
県道9号をまがり
船橋方面へ向かう。



つかれた……



ようやく船橋駅の手前に来たが
クルマにひかれそうに。


歩くならば西船橋がおすすめ。
もしくは自転車がほしい。

キーワード: , , , , , , ,

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。