団地LOVE論

団地LOVE論

こんにちわ。 地域批評編集部の長谷川です。 唐突ですが、最近団地がかすかなブームだそうです



「団地っていいよね!」

と、一方的に「」を抱いている私、長谷川ですが

日本には私同様に団地愛を抱いている連中が世間には結構います。

・日本給水塔

・公団ウォーカー

彼らは、団地を愛し、それをHPに紹介し

日本給水塔の方々などはTシャツなどを作って販売までしているそうです。

団地のナニがいいの?

「団地LOVE」を公言するようになってそう聞かれる機会が増えましたが、

私の場合は

「家を車並みの値段で購入できる・可能性がある」

ということが大きいです。

これは近年、団地の老朽化などによって団地の人気が落ち

新築当時、2000万円近い値段だった団地(駅からバスの距離)

が、信じられないことに200~500万円代での購入も可能となりました。

旧公団は東日本住宅が主に管理しています。

営業マンのプッシュはあまり強くないので、

わりと気軽に内見できると思います。

ちょっと前に「離島で暮らす」ことが、ロハス的価値観において”良し”とされていましたが、

まだまだアナタの近所にも『陸の孤島』と化した団地がズラリと並んでいるはずです。

「団地なんか~やだー」

というアナタ!

実は団地、最近結構すごいんです。

でも、それは

またの機会に…。

キーワード: , , ,

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。