「これでいいのか 広島県 広島市」は土砂災害の警鐘を鳴らしていた

このたびの広島市内土砂崩れによる多大な被害につきまして、
心より、お見舞い申し上げます。
お亡くなりになった方へ哀悼の意を表し、
一刻も早い、生存者救出をお祈り申し上げます。

広島市北部の大雨による土砂災害は発生から約二日が経ち、
多数の死亡者を出すとんでもない事態になっている。
しかし、この災害は予め想像できていた。
日本の特別地域シリーズ「日本の特別地域 特別編集31 これでいいのか 広島県 広島市」では、
広島の地形的な弱点を具体的に取り上げて、警告を鳴らしている。
危機が現実となった今、我々は無力だ。ただただ生存者の救出を願うばかりである。

「日本の特別地域 特別編集31 これでいいのか 広島県 広島市」より
『日本の特別地域 特別編集31 これでいいのか 広島県 広島市』32ページには
「山地が多い県内の地域も土石流で死亡者が出る事態になることも多い」。
まさに今回の災害そのものだ。

キーワード:

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。