レンタルサイクルがある街住民モラルが高い

レンタルサイクルがある街住民モラルが高い

近年、自転車が健康面・エコなどの観点から再評価され、普及が進んでいるようですが、それと同じくしてレンタルサイクルも広まりつつあるようです。

こんにちは。編集部の長谷川です。

震災から時間の経過と共に
政府・東電批判がメディアの主流になりつつあります。

一方、各地の避難所の解散、ボランティア受付終了など
震災からの立ち直りも徐々に進んでいます。

今後、復興にともなう動きですが、
まだ福島の原発は収束したわけではありません。

いろいろと放射能に対する心配の意見が聞かれますが、
先日、ガイガーカウンターで自宅の周辺の放射能濃度を
測ったところ、行政で発表している数字と
ほとんど同じ数字が測定されました。

つまり、政府のモニタリングポストは
現状では信じて良い情報だと思います。

ですから数値に対する過度の心配は
今のところ必要なさそうです

さて、今週は現在取材中の
」のお話です。

ご存知ないかもしれませんが、
相模原市は国道16号を中心に
自転車路が大きく設けられているんです。

そのせいもあってか自転車が
とばしています。

近年、自転車が健康面・エコなどの観点から再評価され、
普及が進んでいるようですが、
それと同じくしてレンタルサイクルも
広まりつつあるようです。

「レンタルサイクルって、買えばいいじゃん……」

【買う】のと【借りる】のどっちが経済的か……。

いろいろと考えは有るかと思いますが、

これが思わぬ結果を……。

【レンタルサイクルの相場】

レンタルサイクルといっても
そのお値段はまちまちです。

————————————–

●相模原市(JR相模原駅、相模大野駅)
※相模大野駅は1日貸し出しは無し
1日貸し出し(6:30~翌6:30) 100円

1ヶ月(2,000円・学生1,500円)
3ヵ月(6,000円、学生4,500円)

—————————————

●相模原店PAS(相模原市、中央区)

1時間 200円
1日(営業時間内)1,500円
24時間 1,500円
1週間 3,000円
1ヶ月 5,000円

—————————————

●ナイスヨコハマ(横浜市、中区)
1日 800円(10:00~16:30)
※日本丸・赤レンガ・馬車道で返却可能(時間指定あり)

—————————————

●平塚レンタサイクル(平塚市、平塚駅前)
1日 200円(6:30~22:00)
1ヶ月 2,200円

—————————————

●ぐるりん小田原(小田原城址公園内)
1回300円(9時~16時30分)

—————————————-

●グリーン・チャリ東京(東京都千代田区)
30分 100円 (子供用自転車: 30分 50円)
1泊1,500円

—————————————-

他にも以下のサイトから
ごらんいただけます。

http://www.fc-cycle.com/index.html

全体的な傾向としていえるのは、

・行政で運営されているものが安い

・周辺住民にあまり浸透している様子がない

・価格はレンタル期間に比例して安くなる

こういった点があがりました。

調査中に分かったのですが、

レンタルサイクルのある駅前の駐輪所では
1ヶ月単位で駐輪所の貸し出しも行っています。

JR相模原駅では【1ヶ月1,800円】です。

レンタルサイクルの場合は【1ヶ月2,000円】なので
仮にJR相模原駅で

——————————————————-

●駐輪所を借り【1ヶ月1,800円】ママチャリ【10,000円と仮定】

で通勤に使った場合と、

【1ヶ月2,000円】

で通勤に使ったケースを比べてみると…

——————————————————-

トータルでレンタルサイクルの金額を抜くには

【4年以上使わないと元が取れない】ことになります。

また、レンタルサイクルでは
借りていない期間はある程度の整備が施されます。

よって、タイヤやチューブの交換など
定期的な出費を抑えることが可能です。

ただし、レンタルサイクルの難しい点は

【2、3日に一度は駐輪所に戻す】

といったルールがあります。

つまり、

通勤で駅まで自転車で来て
会社の帰りにまた自転車の乗って自宅に帰る
といった生活サイクルの人はいいですが、

【家にずーと置いておく】

といった使用法はNGです。

ただ、

流行の自転車通勤を始めたけど、
「続かない」もしくは「寒いから夏だけ」
逆に「暑いから冬だけ」といった例が
都内をはじめ各地で見られています。

高額のスポーツサイクルを購入して
通勤を考えられている方、
まずは一度レンタルサイクルで
己の継続力を試してみてはいかがですが?

ちなみに【居を構える】には
レンタルサイクルか機能している街をお勧めします。

【自転車が戻ってこない】

という例が多発すると
レンタルサイクルは機能しません。

ある程度のモラルがそこにあるからこそ
ということです。

ですので、
レンタルサイクルがある街は

【住民モラルが高い】

と考えられます。

次回は…

「避難生活の本当のところ」をお送りします。

それではまた。

キーワード: , , , ,

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。