top

千葉県・千葉市 稲毛の団地~稲毛海浜公園を歩く

90万都市・千葉市。 県庁所在地にも指定されている同市には 他市に負けず劣らずの巨大な団地群があります。



千葉市内には巨大な団地群がいくつかありますが、
稲毛区の海岸方面へむかう道中にも、
かなり大きな団地群が複数並んでいます。



団地民にとってはバスが重要な交通網です。
電車が団地内を通れば、本当に楽なんですけどね…。
全国的にスタンダードな「団地民の悩み」です。

最寄りの駅は京葉線の稲毛海岸駅ですが、
京葉線と併走している京成千葉線や総武本線との
連携はハッキリいって最悪です。
一旦、「千葉みなと」か「西船橋」まで出て、
ようやく乗り換えとなります。めんどくさいです。



国道14号を西側に越えると、
団地がズラ~と登場します。



こちらは幸町団地。
1969~1987年にかけて造られました。



UR都市機構のサイトによると、
「西千葉から徒歩20分」とありますが、
住棟が多いため実際の所要時間とはかなりの開きがあります。

「車なしで生活できる」
という住民の声が同様のサイトにありましたが、
どうでしょうか? 疑問アリアリです!



古い棟は昭和40年代の造られたため、
老朽化でボロボロというイメージを抱いていましたが、
露骨な劣化は感じませんでした。管理がいいのでしょう。



敷地は広くゆったりとしており、
団地の合間には遊具が見受けられました。
この白い遊具は、石造りのすべり台のようなもの。
ただ、昔の遊具は【子供に優しくないつくり】になっていて
階段はナッシングです。

よって、斜面をベタ足で登るのですが、
それなりに角度があるので…正直しんどい。



掃除をしていた方に「」へのアクセスを聞いてみました
…が、存じないとのこと。うん…!?

これは後々分かったのですが、ここから歩くと
40分ぐらいかかります(もっとかかるかも)。



見渡す限り団地です。



幸町団地の先にも、高洲第一団地(写真)や市営高浜団地が続きます





団地増設の跡。
古い棟の隣に新しい棟を建て
中をつなげる。
オールドタイプの団地ならではのリフォーム方法です。
部屋はどうなっているのでしょう?
いずれ、取材にてお伝えしたいと思います。



こちらは1階部分の屋根が増設されていました。
あまり見たことのない「増設」です。



ボヤがあったご様子。冬は乾燥しますから注意が必要ですね。



団地に囲まれるようにして稲毛高校が登場



ここは稲毛公園入り口のサイクリングロード。
歩くこと1時間、とうとう稲毛公園にやってきました。
海岸沿いにある公園なので、
道路がとんでもなく長いです。



稲毛公園は野良猫がウヨウヨしています。
皆ココへ猫を捨てるのでしょうか?



ボランティアスタッフが猫の管理を
行っているようで、飢えている様子は
ありませんでした。



公園の遊具です。
とはいえ稲毛海浜公園のトリといえば
プールなので「一応ある」といった程度。



登るとこんな感じ。



結構高さがあります。



一応、遊具もひとそろい…。広すぎてポツーン感は否めません。



公園内は震災の影響で、
一部に立ち入り禁止区域が
造られていました。



人工の浜「」。
轍がきれいですね。



意外かもしれませんが釣り人に人気です。
放射線の影響は…と心配しましたが、
今のところ「ND」不検出だということで一安心。



周囲は京葉工業地帯に取り囲まれています。
いかにも人工の浜といった雰囲気です。

キーワード: , , , , , , ,

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。