• 東京都八王子市
    八王子は多摩地域の中心都市にして人口約58万人の巨大都市である。だがそんなに人がいても市域自体が巨大だから人口密度は高くなく、自然に恵まれていることもあって、全体にどことなくゆったりとした雰囲気がある。
  • 東京都立川市
    2011年以降も立川では再開発が日進月歩で進められた。駅直結のタワーマンションが建てられ、基地跡地には大型商業施設のららぽーと立川立飛も オープンした。かつては八王子と多摩の覇権を争っていたものの、目覚ましい急成長で今や八王子を眼下に置き、かのプライドの高いお隣の国立の住民でさえ、何かと立川に依存するようにもなっている
  • 和歌山県
    紀州の歴史は重く深い。大和朝廷が成立するはるか以前から、紀伊国には大きな勢力が栄え、また熊野、高野山という信仰の拠点ができた。中世に入ると、寺社勢力を中心とした地侍たちが各地で自治を行い、それは根来衆、雑賀衆といった鉄砲傭兵へと成長した。江戸時代には紀州徳川家が、和歌山城から飛立ち江戸のトップ(吉宗公)に立った。
  • 東京都豊島区
    消える街と言われ、落ちるところまで落ちた豊島区は今、逆襲に転じているのだ。特に注目されるのが、ネガティブなイメージの元凶だった池袋の大変貌。北口は未だに物騒な事件も起こるデンジャラス・ゾーンだが、中華街は「池袋中華街構想」のおかげか一般にも広く認知されるようになり、多くの客でにぎわうようになった。
  • 神奈川県
     神奈川県はバブル崩壊後、どうにも威勢のあがらない日本の中でほとんどただひとり「勝っている」県だ。県内各地で再開発がものすごい勢いで進み、人口は急増。鉄道網を中心に交通インフラが次々と整備され、ニュータウンがあちこちに造られている。
  • 静岡県浜松市
    浜松市のイメージといえば、うなぎ(うなぎパイ)、餃子、ピアノ、オートバイ、浜名湖などなど。知名度も低いわけではないが、どうしても県の中心である静岡にばかり目が行ってしまい、静岡県と聞いても浜松をイメージする人は決して多くない。
「これでいいのか 広島県 広島市」は土砂災害の警鐘を鳴らしていた
05097
団地は波乱に満ちている! ちば地域再生リサーチをインタビュー
千葉県の海浜ニュータウンに数限りない団地が列挙しているのは、過去にこのブログでもお話しましたが、今回はその団地に潜む問題…
vol.750top
千葉市・中央区を歩く
東京駅から京葉線で約70分。 千葉県千葉市中央区は埋立地と昔からの 街並みが混在する、独特の雰囲気が漂っています。…
top
世界一の山・高尾山
世界一の山が高尾山! 中途半端に有名な話ですが、これは都市伝説ではなく、本当に…
vol.65top
千葉県・船橋市、船橋アンデルセン公園よりお伝えします
高い放射線量が話題となっている千葉県の船橋アンデルセン公園。実は9月出版された「…
vol.64top
海の無い県・埼玉県
 四方を海に囲まれた島国ニッポンにおいて 「海が無い県」は群馬県 栃木県 長野…
vol.63TOP
嗚呼…花の団地ぶらり  東京都立川市 桜が丘団地編
「タマガワ」というフレーズに「多摩川」を思い浮かべる人は多いと思います。でっ、も…
vol.62top
嗚呼…花の団地ぶらり  東京都立川市 幸町団地編
東京の団地は23区よりも郊外に多く見受けられます。 今回は東京の西端、立川市の…
vol.60top
武蔵野美術大学へ行ってみました
現在の日本では実に50%の人が大学へ進学しています。 大卒の人が「末は博士か大…
vol.60top
茨城県・取手駅東口の謎の物体の正体を追え!
茨城県の中で最も、西側に位地する取手市。 上野駅まで45分と都心へのアクセスも…
top
東京都 上野アメ横・ちょっぴり恥ずかしい体験
普段は何気なく買い物をしていたパン屋。 いままで気づかなかったのだが、 こじ…
TOP
東京都立川市 南口商人祭へいってきました
8月27日、28日に東京都立川市で「南口商人祭」が 開催されました。 このお…
top
海外批評・ソウル旅行編 拳銃を撃ってみた
2011年のお盆期間中(8月12日~21日)国内・国外ともに過去最大数の利用率に…
 

関連会社運営サイト一覧